ウコンについて

サプリメント21.コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
サプリメント21.コム
サプリメント21.コム >> ウコンについて

 

 

 

ウコンについて

ウコンの葉

ウコンは多肉質を持ったショウガ科の多年草でショウガ属、ケンフェリァ属、アルピニア属と近縁関係にあります。
インド・スリランカ、ネパールなどのヒマヤラ地方、ミヤンマー、タイ、ベトナムやインドネシアなどの熱帯アジアを原産地とした植物です。 気候区分は熱帯区や亜熱帯区のような高温多湿を好み、雨季に生長期を迎えます。 高さは約50センチメートルから1メートルまで成長し、根茎を黄色染料やカレー粉(ターメリック:Turmeric)の原料として親しまれています。
日本名を「ウコン」といい、英語名を「ターメリック」といいます。
今は一般的にウコンは秋ウコン(学名:Curcuma longa Linn)のことを指します。この他に春に花を咲かせる春ウコンや、夏に花を咲かせる夏ウコン(紫ウコン)などがあります。春ウコンと秋ウコンの違いは、主に健康増進に使われるのが春ウコンで、食物着色(たくあん等)や染料によく使われるのが秋ウコンです。
しかし、最近は研究も進み、秋ウコンに含まれているクルクミンというも成分も健康増進に期待が持てることが分かってきました。夏ウコンは抗酸化作用による腐敗の役割としても古くから使われてきました。
日本には、中国から琉球(現在の沖縄)に伝えられたといわれています。しかし、いまだに原産地はどこと決定的な分類法はありません。

秋ウコン

又、品種も50種を超える品種(学名)が報告されていますが、信頼出来るものとして文献に記載されたものは、現在のところ見当りません。当店の秋ウコンは、ミャンマーの広大で平坦な畑での粗放栽培で育てています。通常は雨季の6月から10月に植付けし、乾季の12月から2月に採取しています。
化学肥料や農薬は一切使用していません。牛糞を撒く程度の有機農法です。春と夏ウコンは、国内産を使用して製品化しています。
夏ウコンの成分はシネオール、d-カンフェン、d-カンファー、セスキテルペンなどの精油成分が豊富で、2%弱含まれています。
夏ウコンはウコンの中でも苦味が強く、特有の香りはシネオールによるものです。夏ウコン(紫ウコン)は、他のウコンと比べて耐寒性が弱いため、栽培が難しくその分収穫量も限られてきます。従って、若干秋ウコンや春ウコンに比べて割高になっています。
但し、夏ウコンは苦味が強いための状態では飲みにくいのが難点です。よく、他社のサイトに精油成分のアズレンは腸の老廃物・宿便の排出を促す作用があります。シネオールは、腸に入ってくるコレステロールを腸に吸収させず排出する作用があります。
よって無駄なものを排出し無駄なものを吸収させない働きがあるのでダイエット効果が期待できます。
と掲載していますが、夏ウコン(ガジュツ)は薬ではありません。こういった内容は薬事法で厳しく禁じられています。薬事法に違反しているような記述をしているウェブサイトには十分注意が必要です。