トンカットアリって何?

サプリメント21.コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
サプリメント21.コム
サプリメント21.コム >> トンカットアリって何?

 

 

 

トンカットアリって何?

自生しているトンカットアリ

トンカットアリとはインドシナからマレーシア半島など東南アジアを中心とした熱帯雨林原産のニガキ科の潅木で、学名「EURYCOMA  LONGIFOLIA (ユリコーマ ロンギフォーリア)」、 マレー名「TONGKAT ALI (トンカットアリ)」、日本では「ナガエカサ」といいます。また、別名「マレーシア人参」ともいわれています。
TONGKAT ALIの意味は「アリさんの杖」だそうです。

トンカットアリは中ぐらいの高さのやや細めの木で成長には何年もかかり、直径15センチの幹になるまでにはおよそ10年も要します。この木はハーブで、根、幹、葉には独特の強い苦味があり、主に根をチップや粉末にした物を使用します。
TONGKAT ALIは1700年代から使用され古くから伝統と歴史があり、マレーシア厚生省が厳密に管理している健康食品です。

パハン州の奥地 トンカットアリを探している

マレーシアではそのTONGKAT ALI の評判の高さから、約20年間植物化学の研究がされてきました。TONGKAT ALI は、ユーリコマノールやユーリコマノールラクトンなどのカシノイド、アルカロイド、ステロール、サポニン、テルペノイドを含有しています。
マレー半島先住民族のオランアスリ(Orang Asli) という森の住人たちによって昔から伝統的にその根を煎じて飲まれていました。
昔は、このTONGKAT ALI をジャングルから引き抜く前には神に祈りを捧げるような儀式的風習もあったようです。

栽培することが非常に難しいので自生しているトンカットアリを見つけて収穫するしかありません。「LOCK ON」の自生TONGKAT ALIはパハン州で採ります。
トンカットアリを見つけると男達は木に掴まり、根が露わになるまで木の幹を揺らし、土を掘り根を取り出します。
収穫したトンカットアリは時折市場で売り、別の植物の苗木を買って生活に利用しています。
パハン州は、マレー半島部最大の州で人口はおよそ129万人もいます。
しかし一度奥地に入ると電気や電話もなく、人口も100人にも満たない村がたくさん存在します。
そしてオラン・アスリの住む小さな村から幹線道路など全くない悪路のジャングルを1時間掛けて歩き続けなければトンカットアリに出会うことはないのです。
それはジャングルに住むオランアスリらにしか生息している場所は分からないといわれています。
また、貴重とされているのは根の部分なので、使用できる部分は少なく大変貴重なのです。

男性サプリメント
ノニ21 Revival フコイダン21 トンカットあり専門店 馬肉コム エゾ鹿21 アサイー21ネット ブローリービズ