フコイダンって何?

サプリメント21.コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
サプリメント21.コム
サプリメント21.コム >> フコイダンって何?

 

 

 

 

 

 

フコイダンって何?

トンガ産モズク

フコイダンは硫酸化多糖体の一種で、モズク等、褐藻類の表面を覆う「ヌルヌル成分」に含まれていて、水溶性食物繊維の一種です。 化学的には、硫酸化フコースを主とする多糖体です。
海藻類全般に含まれる硫酸化アミノ多糖類(食物繊維の一種)の総称をいいます。
このヌメリ成分は海藻の種類によって構造や含有量が違いますが、モズクに最も多く含まれる「硫酸化フコース」というヌメリ成分に (コンブの5倍〜8倍の含有量だといわれています)栄養があることが分かってきました。
「フコイダン」は今から約90年前の1913年に、スウェーデンのウプサラ大学のキリン教授によってコンブのヌメリ成分のひとつとして発見され、当時は「フコイジン」と命名されていました。 分子構造が複雑で、抽出や分析が困難であったことから、近年まで研究されることがありませんでした。 その後、国際糖質命名規約によって「フコイダン」と呼ばれるようになりました。
褐藻類のフコイダンは、このように糖がいくつも結合しあってくっついた「多糖体」に分類されますが、構成する糖には、「フコース」「キシロース」「ガラクトース」などの種類があります。
フコイダンについては未だ明確な定義づけはされていませんが、通常構成糖にフコースのみを持つものを「フコイダン」、フコース以外の糖を含むものを「フコイダン様多糖体」と称しています。 しかし、これらを総称してフコイダンと呼んでいます。
フコイダンの性質は高分子多糖体といって、糖質が複雑に絡みあった構造をしていることが分かってきました。

硫酸基とは?

トンガ海岸

フコイダンは硫酸化多糖体の一種で、モズク等、褐藻類の表面を覆う「ヌルヌル成分」に含まれていて、水溶性食物繊維の一種です。化学的には、硫酸化フコースを主とする多糖体です。
「硫酸化フコース」とは、フコースと呼ばれる単糖に硫酸基が結合したものです。
この硫酸基はもともと私達の体の中にも存在し、胃の粘膜を胃酸から保護する働きをしています。そして、フコイダンが体内で有効に働くためには硫酸基が重要な鍵であるということです。
生のモズクに含まれるフコイダンの量は、わずか0.1%程度です。つまり、モズク1kg から抽出できるフコイダンの量は、たった 1g なのです。(オキナワモズクの場合)
毎日の健康維持のために最適とされるフコイダンの量はおよそ200mgから300mgといわれており、これを生のモズクに置きかえるとその量は1日あたり約300gもの量になります。モズク300gですよ!毎日300gもモズクを食べ続けることは出来ません。まして、毎日それだけの生のモズクを食べ続けることは、かえってよくありません。
そこで、モズクからフコイダンだけを抽出されるようになりました。フコイダンが私達の体内で、さまざまな生理機能を発揮するには、「硫酸基」の量が13%以上なくてはならないといわれます。ところが、国内で養殖される沖縄モズクを原料としたフコイダンには、この硫酸基が多く含まれていません。

これにはモズクの成長する環境に原因があります。

海藻類の特徴として、成長する海が重金属などの不純物で汚染されているとそれらを取り込み、濃縮してしまう性質があるのです。ですから、原料であるモズクに重金属などが付着していると、これを取り除く必要があり、その過程で硫酸基までもが失ってしまうのです。フコイダンは「硫酸基の結合」でその有用性が決まります。
このように、良いと分かっていても、なかなか難しい問題を抱えているのが今までのフコイダン製品でした。やはり、大切なお体のことですから、品質が良く、安全で、しっかりと機能を発揮できるフコイダンがよいことはいうまでもありません。
そこで「サプリメント21.コム」では、汚染などもなく須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸やビタミンが豊富な南太平洋のトンガ王国産のモズクを使用しております。何故なら、南太平洋諸島近郊の海は、海溝の上昇水の中で太陽の光をいっぱい浴びて成長したモズクが沖縄産より高品質で高濃度のフコイダンを含有することが分かっています。
トンガ王国の海は日本近海とは違い、重金属や放射線物質、化学物質などに汚染されていない為、抽出過程で硫酸基を壊すことなく抽出できます。このフコイダンの重要な成分が「硫酸基」の量なのです。フコイダン「Genuine」 の硫酸基を18%以上に保ったまま、純度の高いフコイダンです。
まずは、基本的にフコイダンの含有量が大きく関係します。フコイダンの有用成分を最も吸収させる為には硫酸基の結合がなにより重要なのです。
ところが低分子フコイダンは、もともとのフコイダンの構成単位であるただの「糖」になってしまいます。

男性サプリメント
ノニ21 Revival フコイダン21 トンカットあり専門店 馬肉コム エゾ鹿21 アサイー21ネット ブローリービズ