天然と栽培の違い

サプリメント21.コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
サプリメント21.コム
サプリメント21.コム >> 天然と栽培の違い

 

 

天然と栽培の違い

収穫風景

カムカムは、イキトスやペルーアマゾンの郡部に多くあります。一部では栽培したカムカムが使われていますが、サプリメント21では、ペルーアマゾンのPucallpaで収穫した自生のカムカムを使用しています。自生のカムカムとは、アマゾン川流域の上流周辺だけに生えている自然のカムカムのことを指します。
ペルーのカムカムの収穫時期は、雨季の12月からから始まります。ご存じの方も多いと思いますが、アマゾンの湿地帯は、雨期になると大河に変身します。その為、写真のようにカヌーを使わなければなりません。私達は、地元さんの農民と仕事をします。彼らには川に入り、栽培したカムカムではなく、自生を収穫をしてもらっています。そしてペルーのJAS規格工場で厳選された自生のカムカムを製造、加工をしています。
天然と栽培の違いはそれ毛だけではありません。ご存知の通りカムカムには多くのビタミンCが含まれています。そのビタミンCは体の中で作ることが出来ません。このことからカムカムをはじめ色々なビタミンC補給の食品が販売されています。
ところが、コンビニ等で売られているサプリメンとのビタミンCは、ほとんどが人工的に生成されたものです。 栽培と野生のカムカムを比較した場合、一番の違いは、ビタミンC(アスコルビン酸)の成分に大きな差があります。自生には100g中ビタミンCが10,000mg以上含まれますが、栽培はその1/4以下といわれます。
自然で育っているものはペルーアマゾンの先住民により古くから利用されてきましたが、最近は環境の問題から絶滅が危惧されるほどになり、現地では栽培が奨励され最近プラテーションによる栽培も行われているのです。
栽培は容易で、高温多湿な気候でよく育つ事から、近年は栽培物の加工品が大部分を締め、特に日本向けの輸出には栽培の締める割合がほとんどです。

男性サプリメント
ノニ21 Revival フコイダン21 トンカットあり専門店 馬肉コム エゾ鹿21 アサイー21ネット ブローリービズ