モリンガって何?

サプリメント21.コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
サプリメント21.コム
サプリメント21.コム >> モリンガって何?

 

 

 

モリンガって何?

モリンガ

モリンガの原産地は北インドです。灼熱の熱帯、亜熱帯の環境の中で育つ植物です。一説によりますと紀元前2,500年前から発見されている非常に歴史のある植物です。
それから長い年月を掛けて、一部はアフリカへそして亜熱帯地方に伝わったと考えられます。但し、育つ環境(火山岩質・気温・湿度・日照など)から良い特性を持ったモリンガはフィリピン産に限定されているようです。モリンガは、根っこに水部を溜め込み1年間で約4〜5m以上も伸びていき、葉を落としても次から次と芽を出し、幹を太くしていく生命力があります。モリンガは日本で自生していません。国内産は全て栽培したモリンガを製品化しています。モリンガは暖かい国が原産国ですから常時最低温度が20度以上なければ正常な発育はしません。
日本人は国産の品質が素晴らしく安心できる、という考えが常に根底にありますから「高かろう良かろう、安かろう悪かろう」が頭から離れません。特にご年配の方は身体に直接関係のあると思い、健康食品などについては国産でしかも高い品物を買う傾向がまだあります。ですからその考えを利用している経営者も少なくありません。
しかし、全ての国産製品(原料)が勝っているとは限らないのです。
工業品や芸術性ではない自然や天然物に関しては気候や風土の違いで日本ではその特性が生かせない場合もあります。モリンガも例外ではありません。私共はあえてセブ産のモリンガを製品化しています。自生しているモリンガはお茶の5倍以上もアミノ酸を含んでいますのですぐに発酵が起こってしまうのです。
実際メーカーの方に聞きますと「ただ重ねて置いておくだけで30分もしますと熱で湯気が出始めます。葉だけを広げて乾燥しても分厚すぎてこれも発酵、変質、変色してしまいます。葉を吊るしても外側の葉は1日で落葉してしまいますし、内側の葉は落葉する前に発酵して葉が変色してしまいます。
しかも天気の悪い時はある程度乾燥するのに5日以上はかかります。」と大変管理や製造に困難が伴うようです。

モリンガの「効果・効能」に関しまして

モリンガの「効果・効能」に関わる記述は薬事法によって禁止されております。
また、ホームページ上に「効果・効能」を表記する事も健康増進法により禁止されています。
具体的な使用方法・用量の説明についても、医薬品と誤解されてるため表示することは禁じられています。いわゆるモリンガは、一般的な食品の範囲と同じ目的しか持たすことしか出来ません。
医薬品と違い、病気の治療・予防を目的とするものではありません。
モリンガを病気の治療や予防に役立つことを説明したり、表示や広告を行った場合、全て「医薬品」と判断されます。
当店では法律を厳守すると共に、お客様よりより信頼されるショップとして責任を持って販売させていただいております。何卒ご了承下さいますようにお願します。

ノニ21 Revival フコイダン21 トンカットあり専門店 馬肉コム エゾ鹿21 アサイー21ネット ブローリービズ